大阪の不動産賃貸物件情報-大阪の北区・中央区・梅田・京阪神の店舗・事務所物件情報

メールでのお問い合わせはこちら 電話番号06-6377-6000 受付時間;平日9時〜18時

ホーム専任媒介契約のご提案

専任媒介契約のご提案 一般・専任・専属専任媒体契約の違い
  一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約(※2)
指定流通機構の
登録義務 (※1
無し 無し 有り
業務処理状況の
報告義務
無し 2週間毎に1回(※3) 1週間毎に1回(※3)
自己発見取引 不可
一般媒介契約とは
メリット
  • 物件情報を扱う不動産業者数に応じて物件が広く公開される。
  • 複数の不動産業者と取引することによりそれぞれを比較できる。
  • 不動産業者間の客付けに対する競争が生まれる。
デメリット
  • 不動産業者が複数に及ぶ為、業者とのやり取りが面倒になる。
    (飛び込み営業や電話での応対などで時間と手間を費やす。)
  • 指定流通機構(レインズ)、アットホーム等の登録が義務付けられていない為、
    物件が不特定多数のユーザーに公開されない場合がある。
  • 不動産業者はオーナー様へ業務処理状況の報告義務がない為、
    近隣の相場やエンドユーザーの動向が把握しづらい。
  • 複数の不動産業者のうち報酬額(仲介手数料)を戴けるのは1社のみになる為、
    任せた業者が積極的に動かない可能性がある。
  • 誰とでも取引できるので悪質不動産業者に注意が必要。
    また取引に専門知識を要する為トラブルを招きやすい。
  • 不動産業者がテナント優位に動いてしまう。
  • 上図(〇・X・△)のように情報が末端までいくと正確な情報が届いているか、
    また届けられるのか確認が困難。
専任媒介契約とは
メリット
  • 窓口を1社(当社)に任せることにより、物件に対して積極的に成約に向け業務を行えます。
  • 他の不動産業者が窓口(当社)を通さずに、オーナー様に直接問い合わせることなく情報を集約できる。 (面倒な問い合わせに対応しなくても良くなります。)
  • 指定流通機構(レインズ)、アットホーム等に登録が義務付けられているので、日本中の多くのユーザーに情報を広く開示でます。
  • オーナー様自ら見付けられたお客様(知人、親族を含む)との間で業者を外して直接契約が可能です。
  • オーナー様へ業務処理状況の報告義務(2週間に1回毎)が有り、業者の広告活動を把握できます。。
  • オーナー様との契約なので、専任業者はオーナー様の立場を尊重し業務を行います。
  • 専門的なアドバイスが提案できます。(近隣賃料の相場比較・市場調査・契約書類作成等。)
デメリット
  • 窓口が1社だけなので、依頼した業者への依存度が高くなります。
  • 情報を出し渋るケースがあります。(専任業者による物件の私物化)
  • 他社との競争がありません。